見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 イエスとブッダ【東京雑学研究会編】


§イエスとブッダは、生まれも人生もウリ二つ!



福音書に書かれているイエスキリストの生涯と、語り伝えられているブッダことゴータマ・シッダールタの物語には非常によく似たところがたくさんある、と堀堅士氏が著書『仏教とキリスト教』で述べている。
何よりも似ているのが誕生のエピソードだ。
イエスもブッダも母親の処女懐胎によって生まれている。
処女懐胎とは、性交渉の経験のない女性が妊娠し、普通の人とは異なった能力のある男の子を出産すること。古代ギリシア・ローマオリエントを始め、世界各地の英雄神話や王の誕生物語に見られる。妊娠の手段として呪術や宗教儀礼が登場することが多く、処女崇拝や処女の神聖視がこのような伝承のもとになっているといわれている。
さて、ブッダの母・マーヤーは牙が九本ある白い象が天から降りてきた夢を見て身ごもった。イエスの母・マリアには婚約者のヨセフがいたが、結婚する前に天使のお告げを聞いて、聖霊によって妊娠した。
また、マーヤーは旅先でブッダを産み、マリアもベツレヘムに逃亡していたときにイエスを出産している。ブッダが生まれたときの状況は「十方世界ことごとく大いに明るく」「諸天は歌い、太子の徳を賞賛した」と伝えられ、イエスの誕生のときはマタイ、ルカの福音書に「神の栄光で一面が明るくなり、天使たちの賛美歌が聞こえてきた」と書かれ、新約聖書の冒頭の「神の子」出現物語の重要なファクターとなっている。
また、この二人が信仰に目覚める様子もよく似ている。
洗礼を受けたイエス荒れ野で悪魔の誘惑を受けるエピソードは、ブッダがこれも悪魔の誘惑を克服して悟りを開く状況ととてもよく似ているし、誘惑を受け続けた期間も四〇日と四九日ときわめて近い。また、このときの年齢はともに三〇歳前後、洗礼を受ける場所もともに川のそばだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670038
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:イカスミ  イギリス    アンモナイト  

   


  1. 雑学大全>社会>宗教    >    イエスとブッダ
  1. ◆「イエスとブッダ」の関連ワード

  2. イカスミ

  3. イギリス


  4. アンモナイト


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全