見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・16日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から9日
    ┗「小雪」まで6日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 油【東京雑学研究会編】


§「太りにくい油」は普通の油とどう違うのか?



天ぷら、フライ、から揚げ、トンカツ……。ダイエット最大の敵といえば油だ。
炭水化物(糖類)、タンパク質、脂質のいわゆる三大栄養素のうち、最もおいしいと感じるのが脂質といわれ、ネズミを使った実験でも脂質を多く含むエサを喜んで食べたという。しかも脂質のカロリーは、一グラムキロカロリーで、糖類やタンパク質の二倍以上なのだ。
そんな中、ダイエットはしたいが油ものも食べたい、という人たちに、「健康オイル」と呼ばれる太りにくい油が注目されている。太りにくいということは、カロリーが低いのかと思うとそんなことはない。普通の油と同じ一グラムキロカロリーらしい。
それなら健康オイルは、なぜ食べても太らないのか。
健康オイルはほかの油と、成分の構造が違う。からだに脂肪として蓄積されにくいのだ。普通の油は胃で消化されると分子の小さな脂肪酸変わり脂肪酸は小腸で吸収されると血液中で中性脂肪になる。中性脂肪はからだ中に運ばれてエネルギーになるが、余るとその分が体脂肪として再合成されて蓄えられる。つまり、太るわけだ。
ところが健康オイルは、脂肪酸になって小腸で吸収されるところまでは同じだが、中性脂肪になりにくい。肝臓や筋肉など、脂肪酸をそのままエネルギーとして使う場所に送られるのだ。だから、体脂肪にはなりにくい。
分解されやすいが、中性脂肪に再合成されにくい。この都合のいい油脂成分は、天然の油脂の中に微量だけ含まれている。これを大量に集めたのが健康オイルなのだ。
とはいっても、たくさん食べればカロリーオーバーにはなる。糖類なども余れば体脂肪になるから、いくら食べても太らないというわけではない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670018
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:天の川①  天の川②  アディダス  圧力鍋  

   


  1. 雑学大全>生活>食べ物    >    
  1. ◆「油」の関連ワード

  2. 天の川①

  3. 天の川②

  4. アディダス

  5. 圧力鍋


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全