見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 天の川①【東京雑学研究会編】


§天の川はどこを流れている?



天の川は夏の夜空だけで見られるものではなく、天球を完全に一周する恒星の集まりだ。一六一〇年、ガリレオ・ガリレイ望遠鏡によって天の川が微光星の集まりであることを確認した。次いで一七八五年、ウィリアム・ハーシェルが太陽を取り巻く恒星の分布を調査して、天の川が扁平な円盤状の星の集まり、すなわち銀河系であると結論づけた。
太陽も銀河系属するから、太陽から周囲を眺めれば、円盤状の銀河のふちの方向にたくさん星が散らばって見える。ふちの方向の星々は天球上に反映され、互いに重なりあって、薄い光の川のように見える。これが天の川なのだ。
例えば、広い海面に漁り火を灯したたくさんの船が出ているとき、それらの船の一つにのって辺りを見回すと、辺りの漁り火に丸く取り巻かれているように見えることだろう。天の川もそれと同じで、太陽が銀河系の中にあるため周囲の恒星が帯状に見えたものだ。
天の川の幅は一定ではなく、いて座方向で最も広い。
銀河系は厚さが一定の円盤ではなく、中央が膨らんだ凸レンズに似た形状をしている。そのため太陽系から見ると、中央の膨らんだ部分がいて座方向にあるため、その方向の天の川が幅広く見える

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670019
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:天の川②  アマゾネス    アディダス  

   


  1. 雑学大全>自然>宇宙    >    天の川①
  1. ◆「天の川①」の関連ワード

  2. 天の川②

  3. アマゾネス


  4. アディダス


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全