見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 冷却パック


モノをこすったり叩たたいたりすると熱が出る。だが不思議なことに、冷却パックは「冷える」。いったいどうしてなのだろう。



手をこすると熱が出る。

逆に冷たくなったら不思議だ。

しかし、その逆の現象が起きる商品がある。

「冷却パック」である。

パックを折ったり、押しつぶしたりすると、熱が吸収されて冷えるのだ。

パックが周囲から熱を吸収する、つまり、「冷える」しくみを理解するには、理科の知識が必要だ。

化学反応には、発熱反応と吸熱反応がある。

通常は発熱反応である。

ガスに火をつけてお湯が沸くのは、発熱反応を利用したものだ。

しかし、例外がある。

例えば、塩を水に溶かすと、その逆の吸熱反応が起こるのだ。

この吸熱反応を利用したのが冷却パック(アイスパックとも呼ばれる)だ。

パックの中には乾燥した硝酸(しょうさん)アンモニウムや尿素(にょうそ)、またはその両方の薬剤が水と分離されてパッケージされている。

そのパッケージを押しつぶすと、分離されていた水と薬剤が混合して解け合う。

このときに吸熱反応が起こるのだ。

吸熱反応は、物質を構成する原子や分子が周囲から熱エネルギーを奪い、束縛(そくばく)から解放されることで起きる。

固体が液体に自然に代わるときに、よく現れる現象だ。

この吸熱反応は珍しいようにも思えるが、身近なところで見つけられる。

例えば、ラムネ、ハッカ入りの菓子、キシリトールガムなどだ。

食べるとスーッと感じるのは、吸熱反応を舌が感知しているからだ。

吸熱反応は、江戸時代末期にはすでに知られていた。

アイスクリーム製造に利用されていたのだ。

当時、江戸には氷はあったものの、アイスクリームを作るための低温(マイナス10度以下)の状態は作り出せない。

そこで、氷に塩を多量にかけてよく混ぜ、それでアイスクリームの入った容器を包むと、塩と氷が融けるときの吸熱反応で、マイナス10度が達成できたのだ。

省エネ指向の現代、キシリトールが入った下着や、枕、湿布(しっぷ)なども市販されている。

キシリトールの冷却効果を活かしているのだ。

吸熱反応は、実はエコ社会にマッチしているのである。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567130
    1
  •      
  •      



▼関連キーワード:圧力鍋  ステンレス  鍵と錠  タンクレストイレ  

   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』の紹介


  1. ◆「冷却パック」の関連ワード

  2. 圧力鍋

  3. ステンレス

  4. 鍵と錠

  5. タンクレストイレ


A D

著者
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編! 「日頃よく使っているモノ」あるいは「意識しなかったけど、じつは身近にあるモノ」などに活かされている“技術・しくみ"について、豊富な図版をまじえながらシンプルに解説する本。 モノの技術やしくみが少しでもわかると、そのモノへの愛着と興味が増し、何気なく手にしたり触れたりするモノが、より身近になります。 本書を通じて、「科学技術の結晶」たちのスゴ技を、とくと堪能してください!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』書籍版
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2がよくわかる書籍/商品
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










全辞書・辞典週間検索ランキング
[1位] Q:日本の南のほうで発生した台風は、はじめは、どちらの方角に動きますか。
教科書クイズ [東京書籍]
[2位] 智に働けば角が立つ情に棹させば流される意地を通せば窮屈だとかくに、人の世は住みにくい
名言名句の辞典 [あすとろ出版]
[3位] Q:たまごからかえったばかりのメダカの子どもがおなかにつけているものは、何ですか。
教科書クイズ [東京書籍]
[4位] Q:庄内(しょうない)平野では夏の季節風のことを何とよんでいますか。
教科書クイズ [東京書籍]
[5位] 火元責任者
雑学大全2 [東京書籍]
[6位] Q:台風が発生するのは、日本からみてどの方角ですか。
教科書クイズ [東京書籍]
[7位] Q:体内に運ばれてきた養分の一部を一時的にたくわえ、必要なときに、全身に送り出すはたらきをしているのは次のどれですか。
教科書クイズ [東京書籍]
[8位] Q:食べ物がだ液などで体に吸収されやすい養分に変えられたりすることを(  )といいます。(  )に入ることばは、次のどれでしょう。
教科書クイズ [東京書籍]
[9位] ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず
名言名句の辞典 [あすとろ出版]
[10位] 「驚く・驚き」に関する慣用句
日本語使いさばき辞典 [あすとろ出版]
A D