見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・22日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで1日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:21
    月名(旧歴日):二十日余りの月(はつかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 火力発電所


2011年3月の東日本大震災以降、電力への関心が高まっている。その電力の多くを供給する火力発電について見てみよう。



日本のエネルギー(石油や天然ガスなど)の輸入額は年々増加している。

貿易赤字も問題になる中、火力発電所の発電効率が高くなっているという明るい話題もある。

本題に入る前に、発電法のおさらいをしておこう。

現在の主要な発電法は火力、水力、原子力の三つだが、これらは「発電機を回して発電する」という点では同じだ。

発電機のしくみはおもちゃのモーターと同様で、軸を回すと電気が起こるという原理を利用している。

軸を回すのに、蒸気を使うのが火力・原子力発電であり、水流を使うのが水力発電である。

最近の火力発電は、蒸気の代わりに高温ガスも利用する。

これをガスタービン発電という。

基本的にはジェットエンジンと同じ構造で、高温に燃焼したガスをタービンに吹きかけて回転させる。

ガスタービン発電は発電効率がいい。

例えば、2009年稼働(かどう)の東京電力川崎発電所の発電機は、59パーセントの変換効率をうたっている。

この川崎のガスタービン発電機は、LNG(液化天然ガス)を燃料としたコンバインドサイクル発電の一種。

ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせて発電する。

高熱ガスでガスタービンを回し、排熱で蒸気を起こして蒸気タービンを回す二段構えの発電法だ。

20年ほど前の火力発電の効率は40パーセント程度だったが、現在は60パーセント近くに高まっている。

つまり、エネルギー消費量が3分の2に減った計算になる。

世界の火力発電の効率は、現在でも40パーセントを割っているという。

もし、先のような発電機を全世界に広めたなら、二酸化炭素排出の削減に大いに寄与するだろう。

高発電効率を可能にしたのは高温ガスでタービンを回す技術だ。

高温であればあるほど発電効率は上がるが、タービンの材料が融(と)けてしまう危険がある。

そこで、ジェット機やロケットのエンジン技術を転用し、セラミックなどの新素材を採用することで、高温発電を可能にしたのである。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567165
    0
  •      
  •      



▼関連キーワード:金属探知機  自動販売機  トンネル    

   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』の紹介


  1. ◆「火力発電所」の関連ワード

  2. 金属探知機

  3. 自動販売機

  4. トンネル



A D

著者
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編! 「日頃よく使っているモノ」あるいは「意識しなかったけど、じつは身近にあるモノ」などに活かされている“技術・しくみ"について、豊富な図版をまじえながらシンプルに解説する本。 モノの技術やしくみが少しでもわかると、そのモノへの愛着と興味が増し、何気なく手にしたり触れたりするモノが、より身近になります。 本書を通じて、「科学技術の結晶」たちのスゴ技を、とくと堪能してください!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』書籍版
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2がよくわかる書籍/商品
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D