見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・22日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大寒」から2日
    ┗「立春」まで13日
    仏滅
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 スチームアイロン


日々、当たり前に使っているアイロンだが、そもそもなぜシワが伸びるのだろう。スチームをかけるとなぜ伸びやすいのだろう。



ティファールから大容量のスチームボイラーを装備したアイロンが発売され、「プロの仕上がりが可能になる」と人気を集めた。

大量の高温高圧のスチームを連続噴射することで、アイロンの効きをよくしているのだ。

日本のメーカーも、それにならって多くの機種を発売し、ちょっとしたアイロンブームを起こしている。

日本でも、アイロンがけは卑弥呼(ひみこ)の時代から行なわれていたというが、アイロンをかけるとなぜシワが伸びるのだろう。

その方法のしくみを調べてみよう。

アイロンをかけるとシワが伸びる理由は、ナノの世界で説明される。

繊維(せんい)分子の構造にまで視野を拡大しないと理解できないのである。

例えば、シワができやすいことで知られる綿について考えてみよう。

綿は繊維分子同士が手をつないだ「くさり」状態になっているが、そこに水分が加わると部分的にバラバラになり、再結合する。

このとき、元の位置とは異なった位置で結びついてしまう。

これがシワの原因である。

このシワをなくすには、まず再結合を外して元に戻す必要がある。

それが、スチームを用いたアイロンがけ。

高温の蒸気を当てることで、ズレた分子の位置をリセットし、高温のアイロンで適正に再配置させる。

こうして、元のスッキリした形が再現されるのである。

ウールの場合は、多少しくみが異なる。

ウールは人の髪と同様、表面がキューティクルで覆われている。

これは魚の鱗(うろこ)のようなもので、水を吸うと開いてしまう。

洗濯して乾燥するとパサついてしまうのはこれが原因である。

そこで、蒸気をかけて熱でそのパサつきをリセットするのが、アイロンがけのしくみである。

150度くらいのスチームアイロンを1センチくらい浮かせ、蒸気を当てるようにかけると、きれいに仕上がる。

以上のように、アイロンがけのメカニズムはたいへん複雑だ。

当たり前のモノほどしくみは難しいといわれるが、アイロンがけもその一例だろう。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567102
    1
  •      
  •      



▼関連キーワード:電気ケトル  冷凍冷蔵庫  イオンドライヤー  はじめに  

   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』の紹介


  1. ◆「スチームアイロン」の関連ワード

  2. 電気ケトル

  3. 冷凍冷蔵庫

  4. イオンドライヤー

  5. はじめに


A D

著者
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編! 「日頃よく使っているモノ」あるいは「意識しなかったけど、じつは身近にあるモノ」などに活かされている“技術・しくみ"について、豊富な図版をまじえながらシンプルに解説する本。 モノの技術やしくみが少しでもわかると、そのモノへの愛着と興味が増し、何気なく手にしたり触れたりするモノが、より身近になります。 本書を通じて、「科学技術の結晶」たちのスゴ技を、とくと堪能してください!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』書籍版
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2がよくわかる書籍/商品
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D