見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・19日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から13日
    ┗「大寒」まで1日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 UV・IRカットガラス


ドライブのときに不快なのが、窓から入る紫外線やジリジリ焼けつく暑さ。それをカットするガラスがある。



紫外線(UV)と赤外線(IR)をともにカットする強化ガラスが装備された、女性にうれしい車が発売され、話題を呼んだ。

日焼けやシミの原因となる紫外線は、女性ドライバーにとって最大の悩み。

赤外線は肌が焼けるような感じを与える。

おかげで、必要以上にエアコンをかけ、エネルギーをムダづかいしてしまう。

紫外線と赤外線をカットするガラスが実装された自動車は、たいへんありがたい。

自動車用のガラスで、紫外線や赤外線をカットする基本は三つある。

ガラスに紫外線や赤外線の吸収剤を練り込む「練り込みタイプ」、ガラスの車内側に吸収剤を含んだコーティング膜(まく)を付着させる「コーティングタイプ」、そして吸収剤を含んだ膜を2枚のガラスで挟み込む「合わせガラスタイプ」の3タイプだ。

自動車のガラスだから当然、透明性が確保されなければならない。

法律でも、可視光線(かしこうせん)の70パーセント以上を透とう過かさせる決まりになっている。

この条件を満たすために、ガラスメーカーは新製品開発に苦心している。

一例として、AGC旭硝子(あさひがらす)の開発した「UVベール プレミアムクールオン」という製品を取り上げてみよう。

これは、紫外線吸収剤を練り込んだ強化ガラスの車内側に、紫外線と赤外線を同時にカットするコーティング膜を付着させたガラスである。

紫外線の約99パーセントをカットし、赤外線も大幅に低減するという。

たびたび「強化ガラス」という言葉を用いたが、これはガラスを650~700度に加熱して柔らかくした後、表面を一気に均一に冷やして作られる。

こうして高強度になり、割れると瞬間的に細かい粒状に破砕(はさい)するという特徴が得られる。

普通のガラスが割れた場合、ガラスは鋭利(えいり)な刃先(はさき)となり、人体を傷つける恐れがあるが、強化ガラスではこのようなことはない。

ただし、この特性上、フロントガラスには使えない。

そこで、割れても樹脂フィルムの粘着により破片が落下せず、視界が確保される合わせガラスが用いられる。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567122
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』の紹介


  1. ◆「UV・IRカットガラス」の関連ワード

  2. 第三のエコカー

  3. リニア新幹線

  4. プリクラッシュセーフティ

  5. ヨット


A D

著者
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編! 「日頃よく使っているモノ」あるいは「意識しなかったけど、じつは身近にあるモノ」などに活かされている“技術・しくみ"について、豊富な図版をまじえながらシンプルに解説する本。 モノの技術やしくみが少しでもわかると、そのモノへの愛着と興味が増し、何気なく手にしたり触れたりするモノが、より身近になります。 本書を通じて、「科学技術の結晶」たちのスゴ技を、とくと堪能してください!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』書籍版
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2がよくわかる書籍/商品
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D