見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・18日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から12日
    ┗「大寒」まで2日
    赤口
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ヨット


飛行機の時代にあってもなお、水上を帆走(はんそう)するヨットには胸躍るものがある。ヨットはなぜ逆風の中でも進めるのだろうか。



大海原を航海するヨットの雄姿はロマンをかき立てる。

風に大きな帆(ほ)をふくらませて走るその姿に、古来(こらい)多くの人が虜(とりこ)になった。

そんなヨットは、ディンギーとクルーザーに大別される。

ディンギーはキャビン(船室)のない小型のヨットで、1~2人で操るのが一般的。

近海でマリンレジャーを楽しむのに向いている。

一方、クルーザーにはキャビンがあり、寝泊まりできる設備が付いていて、遠洋で航海を楽しむのに向いている。

ところで、ヨットは、風が吹いてさえいれば目的地に船を進められる。

逆風に向かってでも進めるのだ。

考えてみると不思議である。

その原理を調べるために、まず帆が風から受ける力を見てみよう。

帆が風から受ける力を簡単に理解するには、風が空気の分子の集まりと考え、その分子をテニスボールに見立てるといい。

どのように風が帆にぶつかっても、帆が風から受ける力は帆の面に垂直になることが見て取れる。

このことを念頭に置けば、風に対してどのような角度に帆を張ればいいか理解できる。

追い風(つまり順風)のときには、舳先(へさき)を目的方向に向け、帆を風向きに直角に張ればよい。

横風のときにも、舳先を目的方向に向けるが、帆は後ろに回して風向きの斜め45度の角度にする。

こうすれば、舳先の方向の力が得られるからだ。

問題は向かい風(逆風)の場合である。

このときは、舳先を目的方向の斜め前に向け、帆を後ろに回し、舳先の方向の力が得られるようにする。

しかし、そのままでは目的地から斜めに遠ざかってしまうので、例えばタッキングという技法でジグザグ走法し、目的地に向かうようにするのだ。

実際の風は複雑であり、以上のような単純なものではない。

そこがヨットのおもしろいところでもある。

自分の操縦(そうじゅう)するヨットの特性と風の性質を上手に利用することで、ヨットはすばらしい水上の〝芸術品〟になるのだ。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567120
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』の紹介



A D

著者
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編! 「日頃よく使っているモノ」あるいは「意識しなかったけど、じつは身近にあるモノ」などに活かされている“技術・しくみ"について、豊富な図版をまじえながらシンプルに解説する本。 モノの技術やしくみが少しでもわかると、そのモノへの愛着と興味が増し、何気なく手にしたり触れたりするモノが、より身近になります。 本書を通じて、「科学技術の結晶」たちのスゴ技を、とくと堪能してください!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』書籍版
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2がよくわかる書籍/商品
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D