見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・20日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立夏」から14日
    ┗「小満」まで1日
    先勝
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 立体テレビ


2010年に公開された映画「アバター」のヒット以来、家庭で楽しめる3D映像が注目を浴びている。



映像を立体的に見られる表示装置は人類の夢であった。

そして現代、それを実現するいくつかの方法が開発されている。

例えばSF映画でよく登場するホログラフィーがある。

これは実際に光で3D映像を作成する方法である。

しかし、これが一般家庭にまで普及するには時間がかかりそうだ。

現在、家庭のテレビに普及しているのは視差(しさ)を利用する方法である。

視差とは「右目と左目の映像がズレること」である。

人は右目と左目で見た映像のわずかなズレから、現実の奥行きを認識するのである。

では、家庭用立体テレビのしくみを見てみよう。

家庭用テレビで立体感を出すには、この視差を利用する。

要するに右目と左目にズレた画像を送り込むことで、平面的なテレビ映像を立体的に見せるのである。

ズレた画像を両眼に送り込む方法は、大きく三つに分けられる。

電子シャッター眼鏡方式、偏光フィルター眼鏡方式、そして裸眼(らがん)方式だ。

電子シャッター眼鏡方式は、テレビに左右の映像を交互に表示し、それに同期して眼鏡の左右を開閉する方式である。

開閉といっても電子的な操作である。

実際には眼鏡内の液晶の偏光の方向を変え、1秒間に100回を超える開閉を行なう。

この方法はフル解像度に対応でき、現在最も普及しているが、眼鏡が高価で画像が暗くなるという欠点がある。

偏光フィルター眼鏡方式は、左右の映像を走査線の1行ごとに偏光を変えて表示し、専用眼鏡で見る方式。

左右に異なる向きの偏光板を取りつけるだけなので、眼鏡は安価に作成できる。

明るい画像が見られるが、フル解像度には対応しにくいという欠点がある。

裸眼方式はテレビ表面にレンズ(レンチキュラーという)やバリアを設け、左右の映像を交互に表示する方式だ。

レンズの効果で、左右の異なる映像が左右の目に入ることになる。

スマートフォンなど小さい画面に適した方式だが、近年は大画面でも実現されている。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567064
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D