見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・20日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立夏」から14日
    ┗「小満」まで1日
    先勝
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 BSとCS


衛星からの電波を受けて放送を受信する方式に、BSとCSがある。同じようにも見えるが、違いはあるのだろうか。



現在、テレビ放送を受信するには三つのルートがある。

地上波、ケーブル、そして衛星(えいせい)だ。

衛星にはBSとCSの二つがある。

BSは放送衛星、CSは通信衛星の略である。

これらからの放送を総称して衛星放送と呼ぶ。

ところで、BSによる衛星放送(略してBS放送)とCSによる衛星放送(略してCS放送)は、どちらも衛星からの放送であり違いが不明瞭(ふめいりょう)だ。

どう違うのだろう。

結論から言うと、位置や周波数、出力等の当然の違いを別にすれば、二者の違いはないといえる。

実質的な違いのないものに異なる名称がついているのは、何とも紛(まぎ)らわしい。

実際、諸外国では、放送の世界においてBSとCSの区別はないという。

日本では、法律で通信と放送を厳格に区別している。

そこで、CSは企業など特定の相手に情報を送る「通信」を目的とする衛星、BSは不特定多数の視聴者が直接受信できる「放送」を目的とする衛星と定義づけられた。

このような経緯(けいい)から、日本ではBS、CSの区別が生じたのだ。

しかし、1992年に放送法が改定され、CSも「放送」に利用できるようになり、受信者にとっての区別は事実上なくなった。

BS放送とCS放送は同じといっても、位置や出力などの違いは当然存在する。

そこで、視聴するにはアンテナも異なるものを用意しなければならないが、110度CSと呼ばれる衛星からの放送、具体的には「スカパーe2」の放送を視聴する際には、BS放送と共用できるのが普通だ。

衛星放送の受信にはなぜパラボラアンテナを利用するのだろう。

理由は二つある。

一つは、衛星電波がマイクロ波を利用しているためだ。

マイクロ波は光の性質を強く持ち、光のように集光できる。

もう一つは、衛星の出力が100ワット前後と微弱なためだ。

広大な宇宙空間で100ワットの電球が輝いている様子を想像してほしい。

いかに微弱かが理解できるだろう。

そのような微弱な電波を受けるには、大きく集められるお皿の形がいいのだ。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567066
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D