見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    赤口
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 曇らない鏡


風呂の鏡が湯気で曇ったり、雨天時のドライブでミラーが雨の滴で見えなくなったりする。これを解消する製品が人気だ。



風呂の湯気(ゆげ)で鏡が見えなくなって困ることがある。

このとき役立つのが曇(くも)り止めスプレーである。

鏡をよく拭き、このスプレーを吹きかければ、鏡は元のようにクリアになる。

どうして曇りを止められるのだろう。

鏡が曇るのは、鏡に無数の小さな水滴がつき、光が乱反射するからである。

したがって、この水滴をなくしてしまえば、鏡は曇らないはずだ。

曇りを解消するには、鏡に水滴をなじませてしまえばいい。

すなわち、鏡の表面を親水化すればいいのだ。

そうすれば、表面は平らになり、鏡は曇らない。

その親水化の物質でできた製品が曇り止めスプレーなのである。

曇り止めスプレーには親水性ポリマーが利用される。

親水性ポリマーはイオン性の有機化合樹脂で、鏡にとりついて親水性の膜を作る。

こうして水滴は鏡の表面で平らになり、曇らなくなる。

ただし、スプレーによる「曇り止め」には限界がある。

時間とともに親水性ポリマーが剥がれ落ち、効果が消えてしまうからだ。

そこで、最初から鏡に親水性の物質をコーティングしておく方法が開発されている。

それが酸化チタンを利用する方法である。

近年知られるようになったことだが、酸化チタンには超親水と呼ばれる性質がある。

酸化チタンに光を当てると、その周辺が高い親水性を帯びる、というありがたい性質だ。

そのため、酸化チタンを鏡のガラス表面にまぶしておけば、鏡表面は親水状態を保ち、曇ることがないのだ。

酸化チタンには超親水性以外にも、光触媒(ひかりしょくばい)作用と呼ばれる頼もしい性質がある。

酸化チタンの近くについた油膜などを、光の力を利用して酸化・分解する性質だ。

つまり、鏡に汚れがついても、ひとりでに剥がれ落ちてしまうのである。

おかげで、酸化チタンをコーティングした鏡は長時間防汚効果を保ち、良好の反射性を維持することになる。

汚れのつきやすい道路の反射鏡に、酸化チタンをコーティングした鏡が利用されるのはこのためである。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567045
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D