見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・25日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小満」から4日
    ┗「芒種」まで12日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:20
    月名(旧歴日):更待月(ふけまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 LED照明


電力不足対策として、電球や蛍光灯をLED照明に切り替えるのが最近のトレンド。長寿命・省電力が特徴だからだ。



電気は私たちの生活に多大な利便性を提供している。

その筆頭が「明かり」であろう。

2011年3月に発生した東日本大震災で停電が起こり、暗闇(くらやみ)の中で人はそのことを強く実感した。

その電気の「明かり」として長い間、白熱電球が使われてきた。

そもそも、家庭用電気製品として最初に普及したのはエジソンが発明したこの白熱電球である。

しかし、周知(しゅうち)のように白熱電球はエネルギーの無駄が大きい。

その代わりとして蛍光灯(けいこうとう)が普及したが、白熱電球ほどではないにしてもエネルギーの無駄が大きかった。

そこでホープとして登場したのがLED(エルイーディー)照明である。

LED(発光ダイオード)を光源とした照明器具の総称である。

消費電力は一般的な白熱電球の約1割、蛍光灯と比べても約3割だ。

また、寿命は約4万時間と、白熱電球と比べて数十倍も長持ちする。

LEDは以前からさまざまな製品に組み込まれ、利用されてきた。

CDやDVD、BDが製品化できたのもLEDのおかげだし、カーナビや液晶パネルなどのバックライトとしても活躍している。

ここにきて照明としてのLEDが脚光を浴びたのは、技術革新のおかげ。

その明るさが増し、十分な照度が得られるようになったからである。

また、青色や白色のLEDが安価に供給されるようになり、自然な光が再現できるようになったのも寄与(きよ)している。

今後はますます多くの「明かり」にLEDが利用されるだろう。

実際、交差点の信号や自動車のヘッドライト、テールライトなどでも、LEDが主役になりつつある。

では、これから照明はLED一色かというと、そうではないようだ。

有機EL照明という強力なライバルが現れている。

これはホタルの発光の原理を電気的に実現したもの。

LED照明は点光源の集合体のため明かりにムラができやすいが、有機EL照明は面が光るので優しい光になる。

天井一面が光るといった、未来的な照明が可能になるのだ。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567046
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D