見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    赤口
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 バーコード


多くの商品にはバーコードがついている。携帯電話で情報交換に利用されるQRコードは、そのバーコードの発展形である。



スーパーなどで見るほとんどの商品には、白黒の縞(しま)模様が印刷・貼付(ちょうふ)されている。

この模様がバーコードである。

その下には13桁(けた)か8桁の数字が書き込まれているが、白黒の縞の幅の違いでそれらの数字を表現しているのだ。

読み取り機はこの縞模様にレーザー光を当て、その反射光からコードを識別するのである。

日本の多くの商品につけられたバーコードはJANコードという規格にしたがっている。

国コード、メーカーコード、商品項目コードが順にコード化されている。

ちなみに最後の1桁はチェック用に用いられる。

バーコードの最大の「売り」はその安さと扱いやすさである。

商品にバーの模様を印刷したりシールを貼りつけたりするだけで、バーコードとして利用できる。

現在、バーコードはPOS(ポス)システムと呼ばれる流通システムの要(かなめ)である。

商品情報が刷り込まれたこのコードのおかげで、店に在庫がどれくらいあるか、どの製品がよく売れているかなどを細かく管理できるからだ。

コンビニの商品流通が可能なのも、バーコードのおかげといっても過言ではない。

バーコードの欠点は、表現できる情報量が少ないことだ。

たかだか13の数字の情報では、現代の複雑な流通では力不足である。

そこで、現在ではデンソーが開発したQRコードもよく利用されている。

携帯電話のカメラで利用している読者も多いだろう。

バーコードの一次元模様を二次元化することで、情報量を飛躍的に大きくできる。

平面的に配置されたバーコードはほかにもあるが、主流にはなっていない。

ちなみに、書籍のバーコードはISBNコードにしたがっており、ポテトチップスなどの日本の商品コード(JANコード)とは異なっている。

ISBNコードは世界中の本を管理することを目的としているからだ。

また、Cコードなどを含んだバーコードも併記されている。

Cコードは図書の分類を目的としたコードである。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567019
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D