見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    友引
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 生体認証


かつてSF映画などに現れた生体認証が、今や日常で利用されている。身分証や鍵などが不要になる生活が実現しつつある。



現在、多くの銀行のATMコーナーに静脈認証(じょうみゃくにんしょう)の装置が置かれている。

この装置は指や手の平の静脈パターンを赤外線で読み取り、本人を確認する。

体の一部で本人認証をするのである。

一昔前まではSF映画の世界で描かれた光景が現実になっているのだ。

静脈が利用されるのは、静脈のパターンが人によって異なるからだ。

このパターンを見るには赤外線を当てればいい。

静脈を流れている赤血球中のヘモグロビンは、酸素を失って赤外線を吸収しやすい。

そのため、当てられた赤外線は静脈で吸収され、パターンが暗く映し出されることになる。

このように生身で本人確認する認証方式を生体(せいたい)認証と呼ぶ。

バイオメトリックスと呼ぶほうが有名かもしれない。

生体認証のメリットは、カードなど、本人を確認するためのモノが不要なことである。

また、他人が本人の代わりをする「なりすまし」も不可能である。

おかげでシステムが安全になり、利用者も身軽になれるのだ。

静脈認証以外にも、さまざまな生体認証がある。

昔から利用されているものに指紋認証がある。

これは犯罪捜査で知名度が高いが、実用面でも利用されている。

例えばパソコンの本人確認用として、指紋の読み取り装置が販売されている。

システムの安全性に大いに貢献しているのだ。

SF映画などで有名なのは虹彩(こうさい)認証であろう。

瞳(ひとみ)の模様のパターンで本人を確認する方法である。

虹彩も人によって千差万別だからだ。

最も理想的なのは素顔の生体認証であろう。

人間同士の自然な認証方式であり、違和感がない。

テロ対策などで研究が進められ、一部では実際に利用されようとしている。

ところで、生体情報は変更が不可能である。

カードなどは再発行が可能だが、生体認証はそれができないのだ。

したがって、一度登録されると訂正がきかない。

悪用されれば一生本人のわざわいになる。

むやみに登録するのは危険であることを肝(きも)に銘じておこう。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567021
    0
  •      
  •      



▼関連キーワード:電線は3本1セット  ボールペン  ICタグ  バーコード  

   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D