見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    友引
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 リライトカード


店に行ってポイントをもらうと、また買いに行きたくなるのが人情。では、そのポイントカードの構造としくみを見てみよう。



ドラッグストアなどに買い物に行くと、ポイントをもらえる店が多い。

たまったポイントが目に見えないと集客効果が薄いため、一昔前には紙のカードにスタンプを押してそのポイントが記録された。

ところが近年、リライトカードがよく利用されている。

不思議な色合いの字でポイント情報が記録されたプラスチックカードである。

おかげでレジ係はポイントを押す手間が省(はぶ)ける。

磁気情報も記録されているため、経営者は客層の動向がわかる。

薄いプラスチックカードなので、客にとっては財布が膨(ふく)らまないのでありがたい。

このように、いいことづくめのリライトカードだが、その不思議な色合いの字はどのように書かれるのだろう。

リライトカードには「白濁(はくだく)式」と「ロイコ式」がある。

白濁式はカードの銀色部に熱で白色文字を書き込む方式である。

プラスチック基盤の上に光反射層、印字記録層、保護層が順に積層されている。

印字記録層には有機物(ゆうきぶつ)の微粒子(びりゅうし)が均等に拡散され、低温加熱するとこの粒子が結晶に変質して光を散乱させる。

それが白濁したように見えるのである。

これが印字の秘密だ。

文字を消したいときは高温加熱すればいい。

結晶は元の一様な微粒子に戻る。

このように、白濁式はしくみが単純だが、単色しか出せない。

ロイコ式は表面にロイコ染料(せんりょう)を塗布(とふ)したカードである。

ロイコ染料は高温加熱して急冷すると、顕色剤(けんしょくざい)と結合して発色する。

ところが、低温でゆっくり温めると、顕色剤と分離して色が消える。

こうして、文字を書いたり消したりすることができる。

ロイコ式の場合、印字色は顕色剤を変えることで多様化できる。

そのため、デザイン性に優れているが、白濁式よりも高価だ。

ロイコ染料は、さまざまな場で活躍している。

例えば、買い物のレシートで利用される感熱用紙や、銀行の振り込みに利用されるノーカーボン紙にもこの原理が利用されている。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567018
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D