見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・11日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から4日
    ┗「冬至」まで11日
    先負
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 沖縄そば(八重山そば)【おきなわそば(やえやまそば)】





沖縄県のご当地そば。発祥は定かではないが、明治期以前に中国から伝来し琉球王朝の宮廷料理として定着、第二次戦後小麦粉が普及するにつれ民間に広まったとされている。

沖縄そばの最大の特徴は、そば粉を一切使わない小麦粉100%の太麺を使うことにある。このため、『全国生めん類公正取引規約』による「そば」の定義(麺にそば粉が30%以上含まれている場合に限り「そば」という商品名を付けることができる)から外れているとされ、「沖縄そば」という商品名の表示が正式に認められたのは1978年になってからのことだった(この認可日=10月17日は「沖縄そばの日」とされ、毎年沖縄で催しが行われている)。

この食べ応えのある太麺を引き立たせるのがスープと具材だ。豚・鶏・鰹・昆布等のダシをベースにした薄い白色のスープに、三枚肉(豚バラ肉)・かまぼこ・スパム(缶詰肉)・ネギ・紅ショウガなどを載せて食べるのだが、あっさりしたスープのとこってりした具材のバランスは見事なもの。

出された沖縄そばには、ラーメンに胡椒をかける感覚で、沖縄産唐辛子を泡盛に漬け込んだ現地の調味料「島唐辛子」を適量加えて食べる。これによりスープ爽やかな辛味が加わると同時に旨味が引き締まり、高温多湿な南国沖縄の気候に極めてマッチした麺料理となるのである。

※沖縄県の八重山諸島(石垣島や西表島などを含む沖縄本島南西部の諸島)で食される場合には「八重山そば」、宮古島で食される場合には「宮古そば」ともいう。またソーキ肉(豚のあばら肉)を載せた沖縄そばを「ソーキそば」ともいう。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12660362
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:メトセク  orz  ニフティ(株)  ロングテール  

   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>登録語>一般    >    沖縄そば(八重山そば)
  1. ◆「沖縄そば(八重山そば)」の関連ワード

  2. メトセク

  3. orz

  4. ニフティ(株)

  5. ロングテール


A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】