見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・9月(長月/September)
    ・21日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「白露」から13日
    ┗「秋分」まで2日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 一言居士【いちげんこじ】



[意味]
いちげんこじ。何事についても、一言の意見を言わないと気がすまない人物のこと。積極的発言者というポジティブニュアンスで使われることもあるが、説教くさい・小言が多いといったマイナスニュアンスで使われるほうが一般的。

[用法]
一言居士を自認する私としては、ここで一言物申さないわけにはいかない」。「あの人、一言居士で説教くさいところがあるから、飲み会には誘わないほうがいいよ」。

[蛇足]
「居士」は中国の言葉で、高い学徳があるにもかかわらず仕官せず在野にとどまっている人物のこと。そうした人物はえてして自らの意見に耳を傾けてもらえる機会が少ないため、チャンスがあればここぞとばかりに持論を披瀝したがるものなのだ。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12660205
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:大上段に構える  敷衍する  手心を加える  末席を汚す  

   


  1. JLogos>登録語>一般    >    一言居士

A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】