見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

一言居士

  一言居士

     何事にも自分の意見をひとことさしはさまないと気のすまない人。・・・

  一言居士

     【意味】どんなことにでも自分の意見を言わなければ気の済まない人。普通、軽蔑した意味で用いる。【用例】●一言居士の彼は町内のご意見番のつもりか、行事ともなるといつも批判的な意見を口にするので、世話人たちから煙たがられている。一言居士の発言と思って聞き逃すところだったが、今の意見は核・・・

  一言居士

     何事についても、一言述べなければ気が済まない性質の人。決して多弁なことではない。ポツリと一言、注釈を加えたりする、物静かな有識者といった感じ。居士は、梵語から出た言葉で、仏教では出家しないで仏道を修行する男子。また、在家の男子の法名の下につける称号。女性は大姉。原義は、古代・中世・・・

  一言居士

     [意味]いちげんこじ。何事についても、一言の意見を言わないと気がすまない人物のこと。積極的発言者というポジティブなニュアンスで使われることもあるが、説教くさい・小言が多いといったマイナスのニュアンスで使われるほうが一般的。[用法]「一言居士を自認する私としては、ここで一言物申さな・・・


list2