見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:24
    月名(旧歴日):鎮静の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 両判[末富]【りょうばん】


伝統の京菓子の品格を日常にも
優しい風合いの麩焼き煎餅






明治26年(1893)創業。100年以上を経てなお、「歴史は浅いですが…」と語らせるのが、京都の老舗のすごいところだ。老舗中の老舗、亀末で修業した初代が独立して始めた末富は、社寺や茶の湯のための菓子などを作り続けてきた。茶の湯の家元と相談して作り上げた干菓子のうすべになどは、まさに京の品と雅を感じさせる名品である。
一方で戦後は一般向け和菓子も創製。店の代表銘菓ともされるのが、麩焼き煎餅の両判。さくっとした上品な味わいが、抹茶にも、紅茶やコーヒーにも合うと好評だ。両判とは大判二つを意味し、濃淡それぞれの焼き色をつけた2種の小判型の煎餅。薄いほうは砂糖醤油、濃いほうは黒砂糖の風味で、優しい甘さは飽きがこない。薄切りの野菜をしのばせた野菜煎餅も人気を集める。玉子煎餅の生地を薄く軽く焼き上げた品の良さは、この店ならではのものだ。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071825
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>近畿>京都府    >    両判[末富]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産