見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・15日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から8日
    ┗「冬至」まで7日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:26
    月名(旧歴日):二十六夜(にじゅうろくや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 御池煎餅[亀屋良永]【おいけせんべい】


素朴な中に歴史を経た深み
食べ心地も優しい麩焼き煎餅






多くのなじみ客から「御池さん」と親しく呼ばれる亀屋良永。天保3年(1832)に大文字屋として創業し、しばらくの後に亀屋と改名。歴史は既に170余年を数える。派手さはなく、閑雅で凛とした店の佇まいと同様に代表銘菓である御池煎餅も、見た目は素朴で、なぜ多くの愛好者が、と戸惑いを覚えるほど。だが、上質のもち米粉を用いた軽い麩焼煎餅で、砂糖と溜り醤油をさっと刷いて軽く亀甲の焦げ目をつけたこの煎餅を口にすると、その理由がわかる。さくっと噛むとすっと溶けてしまうほど軽く、つい何枚でも食べたくなってしまうのだ。
同様に麩焼きの木賊煎餅も、あっさり軽い味と食感ながら、後を引く味。こちらは味噌の風味と薄く刷いた砂糖の甘みが調和している。京の四季を感じさせる菓子作りにも力を入れていて、季節ごとに装いを変える落雁の大原路は、鮮やかな色彩で華やかさを添える。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071820
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>近畿>京都府    >    御池煎餅[亀屋良永]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産