見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    友引
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:21
    月名(旧歴日):二十日余りの月(はつかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 なが餅[なが餅笹井屋]【ながもち】


450年以上の歴史を誇る
四日市宿名物の長く平たい餡餅






笹井屋の創業は天文19年(1550)。交通の要衝として栄えた四日市宿の南、日永の里にあって、名物なが餅の元祖として有名だ。なが餅は地名からの命名だが、形も平たくて長い。このユニークな形は、食べやすく持ち運びやすいだけでなく、平たくのばした両面をしっかり焼くことで日持ちがするという利点から生まれたという。製法は、もち米を搗き上げた餅皮に小豆餡を包み、平たくのばして焼くという、実にシンプルなもの。こんがり香ばしい皮とつややかなつぶ餡がよく調和している。
戦国時代からの歴史を誇るだけに、文章に書かれてきたし逸話も多い。中でも津の藩主となった藤堂高虎が好んだという話はよく知られている。三重川畔に広い敷地を持ち、かつて東海随一とさえいわれた店構えは今はないが、街道から少し入った本店、国道沿いの三ツ谷店とも閑雅な佇まいで、風格が漂う。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071806
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>東海>三重県    >    なが餅[なが餅笹井屋]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産