見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・17日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から10日
    ┗「冬至」まで5日
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:28
    月名(旧歴日):二十八夜(にじゅうはちや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 青柳ういろう[青柳総本家]【あおやぎういろう】


名古屋名物として定着した
生産量日本一のういろう






明治12年(1879)に、初代後藤如休が旧尾張藩主徳川慶勝より「青柳」の家号を贈られて創業。現当主で五代目となり、約130年の歴史を誇る。代表銘菓の青柳ういろうは、全国で名前を知らない人がいないほどの人気商品だ。ういろうの名前の由来は、中国・元の時代に外郎という官職にあった陳宗敬が日本に帰化し、菓子ではなくせきや痰に効く薬として伝えたことから。名古屋地域では万治2年(1659)頃から作られていたが、名物として定着したのは多くのメーカーが製造を競うようになった昭和以降という。
中でも、同社のういろうは原材料の調合から包装までが衛生的で一貫したオートメーション設備で製造されており、生産量も日本一。淡泊で上品な味は根強い人気で、抹茶や栗、黒砂糖、小豆、さくら、こし餡などバラエティ豊かな味が楽しめるのも嬉しい

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071796
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>東海>愛知県    >    青柳ういろう[青柳総本家]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産