見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:24
    月名(旧歴日):鎮静の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 玉だれ杏[凮月堂]【たまだれあんず】


善光寺門前の老舗が
長野の果実でみごとな銘菓を生む






江戸時代後期に江戸で菓子製造を始め、老中の松平定信から御用菓子の調製を命じられた大坂屋が前身。楽翁の号を持つ文人でもあった定信から「凮月堂清白」の家号を贈られて以後、現店名となる。長野の凮月堂は明治19年(1886)に暖簾分けする形で善光寺門前に創業。以来、長野の風土にふさわしい独自の菓子作りに邁進してきた。
中でも信州名産のアンズを練り込んだ羊羹を求肥で巻いた玉だれ杏は名品の呼び声が高い。アンズ独特の酸っぱさを生かして甘みを抑えた羊羹が絶妙で、求肥のやわらかさが味に深みを与え、透き通るような色合い美しい。隣接する旅館が定宿だった作家・池波正太郎も馴染み客の一人で、玉だれ杏のことを文章に残している。このほか羊羹にクルミをのせた福くるみ、アンズを練り上げたひと口サイズの杏の実など、郷土の産物を素材にした菓子が揃う。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071773
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>北陸・甲信越>長野県    >    玉だれ杏[凮月堂]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産