見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・17日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から11日
    ┗「大寒」まで3日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 玄庵【げんあん】


最高級の蟻巣石でそばを挽く





4階建てのビルは一見普通のビルだが、2階に上がり暖簾をくぐると、そこにはどっしりとした洋と古き和の空間が隣り合っている。テーブル席のテーブルやイスは19世紀のものといわれるアンティークな家具。掘りごたつ式の個室はワラを入れた泥壁に油障子の古民家風。BGMにはジャズを流す。

洋と和が不思議に溶け込み、新鮮な雰囲気をつくり上げている店内を設計したのは、もと家具屋で古美術のコレクターでもあった店主の貝塚隆雄さん。「そばや料理はもちろんのこと、お客さまに喜ばれる店づくりを目指して、和洋を取り入れた内装にしたんです」。長居をしていく客も多いという。

そばは、〝食の安全と安心〟をモットーに生産履歴を公開している北海道黒松内、茨城県金砂郷、栃木県益子町の農家と契約済みの玄そばを、最高級といわれる数少ない蟻巣石の石臼で自家製粉した手打ち。二八、十割、粗挽きの3種類を打つ。つゆは甘めの濃い口で、ふくよかな味わいが楽しめる。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071287
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:玄蕎麦 野中  手打ちそば 山禅  吟八亭やざ和  日曜庵  

   



A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦