見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・22日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大寒」から2日
    ┗「立春」まで13日
    仏滅
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 蕎麦善(閉店)【そばぜん】


桜海老とそばを味わう





四ツ谷駅の近くにある小粋な店。木のテーブルやアジアの布を配した店内は、全20席と小ぢんまりして落ち着ける。

主人の斎藤道郎さんは、以前は陶器店を営んでいたが「人の作品でなく自分の成果が評価される仕事をしたい」とそば屋の道へ。日本料理やそば打ちの修業をしながら、全国数百件のそば屋を食べ歩き、感想を書き連ねた。「そのうちに、手打ちの麺には打った人の人柄が表れることが分かったんです。だから手を抜けない」と言う。その言葉通り、茨城産を中心に仕入れた玄そばを、店内の製粉機でほぼ毎日自ら製粉する。「目指すのは活きのいい空を飛ぶようなそば」というように、細めの麺はコシがあって勢いがある。やや粗挽きの、表面のザラッとした食感もいい。すっきりとしたつゆがその麺を引き立てる

場所柄、昼時は会社員も多く、せいろの量は多めで腹持ちのいい種ものの種類も豊富。料理を学んだ静岡から取り寄せる、生桜海老を使ったかき揚げやぶっかけなども人気だ。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071258
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京-五つ星の蕎麦>都内の名店88軒>新宿区    >    蕎麦善(閉店)

A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦