見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・9月(長月/September)
    ・16日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「白露」から8日
    ┗「秋分」まで7日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 尾張屋本店【おわりやほんてん】


浅草の老舗





雷門通りに面した明治3年(1870)創業の老舗。自慢は丼からはみ出す大きなエビが2本のった天ぷらそば。エビは車エビの一種クマエビを使い、注文を聞いてからゴマ油でじっくりと揚げる。この天ぷらそば、客の大半が注文するという超人気メニューだ。そばは信州産の粉で打つ二八。

尾張屋は、浅草という土地柄から今も多くの著名人に愛されている。かつてはエノケン(榎本健一)やデンスケ(大宮敏光)、渥美清らも馴染み客だったという。その中の一人に永井荷風がいた。「荷風さんはね、毎日必ず12時5分前になると姿を見せて同じ席に座るのよ。食べるのは、いつもかしわ南ばんで、帰った後に丼を見るとね、まるでなめたように、一滴のつゆも残してないの」と、六代目女将の田中登美子さん。女将が、ここに嫁いだのは昭和29年。すでに荷風は常連客だったという。店内には、かしわ南ばんを食べる荷風の写真が飾られている。支店は吾妻橋交差点近く、神谷バーの並びにある。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071246
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:鉄舟庵(閉店)  吾妻橋やぶそば  吉仙  蕎亭 大黒屋  

   


  1. 東京-五つ星の蕎麦>都内の名店88軒>台東区    >    尾張屋本店
  1. ◆「尾張屋本店」の関連ワード

  2. 鉄舟庵(閉店)

  3. 吾妻橋やぶそば

  4. 吉仙

  5. 蕎亭 大黒屋


A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦