見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・19日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から13日
    ┗「大寒」まで1日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 吾妻橋やぶそば【あづまばしやぶそば】


夫婦で営む





店主の梅岡二郎さんは「かんだやぶそば」(58頁)で17年間の修業を重ねた叩き上げのそば職人。昭和59年、その暖簾分けで、浅草通りの吾妻橋一丁目交差点角に小さな店を構えた。「冬でも冷たいビールはあるでしょ。冬に冷たいそば、夏にあたたかいそばがあってもいいでしょ。夏限定とか、冬限定っていうのはなんだかイヤなんだよねぇ」。だから、この店では鴨南ばんも鍋焼きうどん(各1300円)も、煮込みうどん(900円)も夏に食べられ、メニューは年間同じ。

そばは北海道産の粉で打つ外一。毎朝120食余りを打ち、これが売り切れると閉店。つゆはもり用が本節と昆布、あたたかいそば用はサバ節のみでダシをとる。おすすめは、焙煎した白ゴマをそばつゆに混ぜた胡麻汁そば。やや小さめの丼で出てくるなめこおろしそばも見逃せない一品だ。

毎日、決まった時間に訪れる常連客など、梅岡さんの打つそばにはファンが多い。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071248
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京-五つ星の蕎麦>都内の名店88軒>墨田区    >    吾妻橋やぶそば

A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦