見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から11日
    ┗「小雪」まで4日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 京橋 山茂登【きょうばし やまもと】


昔ながらの味を伝える





昭和15年(1940)創業。当時は満留賀という名で、店は麻布にあった。現在地に移ったのは、戦後まもない昭和25年。近くに同名のそば屋があったため苗字の山本を〝山のように茂って、人気がどんどん登っていく〟という縁起をかついだ文字に置き換えて屋号にしたという。

そばは長野産のそば粉を使う。もちもち感があり、のど越しもすっきりとしている。つゆは本節、宗田節、サバ節を用いた濃い目のやや甘口。玉子丼、親子丼、牛丼などの丼物からカレーライス鍋焼きうどん、きしめんといった昔ながらそば屋の定番メニューはひと通りそろっていて、5~9月には冷麦も加わる

店を支えているのは三代目の山本英喜さん。短大卒業後、調理師学校へ通い、さらに青山の「くろ麦」で6年間、そばの修業をしたという。店は八重洲ブックセンターの裏手、ビルの1階にあり、広めの店内には82席を用意している。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071237
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京-五つ星の蕎麦>都内の名店88軒>中央区    >    京橋 山茂登

A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦