見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・22日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大寒」から2日
    ┗「立春」まで13日
    仏滅
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 そば所よし田【そばどころよしだ】


銀座の老舗





明治18年(1885)創業の老舗。だが、その格式にとらわれず常に納得したそばを提供したいと、静岡県島田市に製粉所を設立。そばも、主人自ら北海道をはじめ全国各地に出向いて良質の玄そばを買い求めてくる。そばはのど越しのいい二八。銀座にありながら雰囲気も値段も庶民的だ。

名物は創業当時から親しまれているコロッケそば。コロッケといってもジャガイモのそれではなく、鶏の挽き肉に山芋と卵を混ぜて揚げたつくねのようなもの。考案したのは初代の女将さん。「初代はハイカラな人で、クロケットという西洋料理からヒントを得て考えついたらしいですよ。それをそばの上にのせて、コロッケそばという名前にしたんでしょうね」と、現女将の矢島一代さん。温かいそばだが、一年中食べられる。

店は創業以来、多くの著名人に愛されてきた。かつては久保田万太郎や高見順、今日出海らが贔屓にし、彼ら文士が集まると、泊まり込みで酒を酌み交わしたという。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071235
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京-五つ星の蕎麦>都内の名店88軒>中央区    >    そば所よし田

A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦