見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 どぜう飯田屋【どじょういいだや】


主人の役目は割下作りと下足番





慶応年間(1865~68)に現在地に茶店を構えたのが店の起こり。のち一膳飯屋に変わり、やがてどじょうの人気が高まるにつれ、明治の中頃にどじょう専門店として定着した。

「うちは代々、割下作りと下足番は店主の役目でして、今でもその家訓は生きてるんです」と語るのは、現当主で4代目の飯田龍生さん。初代からの味を継承しつつ、みずから先頭に立ってサービスに努めている。

永井荷風、高見順、遠藤周作らの文士、またエノケン(榎本健一)や伴淳三郎、渥美清など一世を風靡した喜劇人たちに愛され、なかでも荷風はことのほかこの店がお気に入りだった。昭和25年から33年ごろは毎日のように訪れて、いつも決まった席で柳川とぬた、それに銚子1本を飲んで帰ったという。

どじょうは今では数少ない、青森県や茨城県産の天然もの。平日の昼限定のどぜう汁ご飯は、若い人たちにもどじょうの味を知ってほしいからと、超破格のお値段だ。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070792
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:駒形どぜう  桔梗家  矢吹  天ぷら さわき(閉店)  

   


  1. ◆「どぜう飯田屋」の関連ワード

  2. 駒形どぜう

  3. 桔梗家

  4. 矢吹

  5. 天ぷら さわき(閉店)


A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の鰻と天麩羅


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の鰻と天麩羅[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】102
  • 【発売日】2007-07-01
  • 【ISBN】978-4-487-80161-9










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play

関連辞典
東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅