見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼コンブ産地のハッカクはうまい



北海道の襟裳(えりも)岬に近い浦河(うらかわ)町でハッカク水揚げされると聞いて、取材したことがある。ここでは9月から翌年の4月まで沖合底曳網漁が行われ、スケトウダラ、キンキ、メヌケのほか、マガレイ、ソウハチガレイ、オイラン、アサバ、サメガレイ、オヒョウなどのカレイ類が多く水揚げされる。その中にハッカク混じる
「ここ日高の沿岸はご承知のとおりにコンブの産地だ。そのコンブにこまい(小さい)魚がつき、それを狙って大きな魚が根付くから、たっぷり太ったうまい魚が多いよ」。そう教えてくれたのは、浦河魚市場の仲買人で旅館「三之助」の主人でもある塚田吉隆さん。仲買人のベテランも、日高沖の魚の中でもハッカクのおいしさを認める。「冬なら薄造りやルイベを食べられる。夏のハッカクは生ではおいしくないから、軍艦焼きといって、皮付きのまま味噌味で焼き、皮をむしりながら食べる。これがまた野趣豊かでうまいよ」。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070606
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼コンブ産地のハッカクはうまい

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本