見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼大探検家は「異魚」を味わったか?



江戸時代の探検家・松浦武四郎は『西蝦夷日誌』の中で「異魚の上がることあり」と絵入りでハッカクを紹介している。この異魚がうまい。白身の脂は質がよく、姿に似合わぬ上品な味。それなのに見た目のあまりの迫力のため、以前は市場価値がなく、浜の人たちだけが食べていた。それが近頃では人気がありすぎて、めったにお目にかかれなくなった。ハッカクは沖合底曳網やカレイ狙いの底刺網で混獲され、総じて水揚量は少なく、今や「幻のハッカク」という。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070605
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼大探検家は「異魚」を味わったか?

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本