見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・14日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から7日
    ┗「処暑」まで9日
    仏滅
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:2
    月名(旧歴日):二日月/繊月(せんげつ)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ヒラ、マルそれぞれの傑作料理



その日は波切の漁師から、ソウダガツオ料理をふるまわれた。一つは名物料理のてこねずし。ヒラ造りに切ったヒラソウダの身を醤油とみりんの漬け汁に数時間。これとすし飯を手で混ぜ合わせ(手でこねるから「てこねずし」)、青ジソの葉、根ショウガと酢ショウガのせん切り、もみ海苔を散らす。ヒラソウダのもっちりとした食感とすし飯の相性がよい。「カツオで作るのが知られているが、ここらではヒラでもマルでもよく作る」ということだった。
もう一つはマルソウダのカツオ茶漬け。血合いを取り除き、薄切りにしたマルソウダの身を熱いご飯にのせる。ワサビを添えてたまり醤油をかけ、その上から熱いお茶をそそぐ。ソウダガツオカツオよりも味が淡泊。だから茶漬け向きだ。さんざん飲んで食べて満腹だったのに、これは別腹だった。幸せを感じつつ、ぺろりと丼をたいらげた。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070543
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ヒラ、マルそれぞれの傑作料理

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本