見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から10日
    ┗「処暑」まで6日
    先勝
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼クエはアラか? モロコか?



「幻のクエ」といわれる。店先で見かけることはごく少なく、食べるチャンスもめったにない。体色は淡い黄褐色。体側に6本の褐色の帯が斜めに走る。老成魚になると縞が消える。同じハタ科のマハタとよく似ているため、混同されることがしばしばある。まぎらわしいことに、マハタの若魚にも7~8本の暗褐色の帯があり、成長につれて消えるのだ。高知ではハタ科の魚を総称して「クエ」と呼んでいるから、ますますややこしい。クエとマハタを見分けるポイントは尾ビレにある。マハタの尾ビレは後縁が白く、クエにはその白縁がない。
クエの老成魚をモロコと呼ぶ土地がある。関東では若魚でもクエとはいわずにモロコ。関東のモロコとクエは別種という人もいるが、これは未だに確認できないでいる。九州ではクエをアラと呼ぶ。そう、大相撲の九州場所中に力士たちが好んで食べるアラ鍋のアラだ。ただし標準和名がアラという美味な巨大魚がほかにいるもんだから、よけいにこんがらがってくる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070505
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼クエはアラか? モロコか?
  1. ◆「▼クエはアラか? モロコか?」の関連ワード

  2. ▼磯釣師は「夜の帝王」と畏敬する

  3. ▼エサは生きたモイカの1尾付け

  4. クエ

  5. 九絵


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本