見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼噛んでも噛んでもはねかえってくる弾力性



森さんから「博多の魚料理ならここ」と教えられたのが、福岡市漁協伊崎支所にほど近い味処「小松丸」。主人の西川敬太郎さんは小型底曳漁の漁師。いわば小松丸の仕入れ担当だ。夕方に出船して午前3時に帰港すると、水揚げした魚介を店に持ち込む。料理は妻の慶子さんと次男の和弘さんが担当する。
小松丸でテナガダコのタコちりを注文した。噛んでも噛んでも、はねかえってくる弾力性を楽しんでいると、そのうちに海の生物のなんとも表現しにくい複雑な旨味がにじみでてくる。こんな痛快な食べ物はさすがのぼくも初めてだった。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070439
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼噛んでも噛んでもはねかえってくる弾力性
  1. ◆「▼噛んでも噛んでもはねかえってくる弾力性」の関連ワード

  2. 葡萄烏賊

  3. ブドウイカ

  4. ▼博多前はひと味もふた味も違う

  5. ▼テナガダコは夕市の人気者


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本