見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼「生きているうち」が料理のポイント



目からウロコが落ちたのは、千葉県白浜町の民宿「まこと」のタカノハダイ料理。主の星野実さんは漁師でもあり、年間を通じて刺網を仕掛ける。これにはヒラメやカレイ類、カサゴメバルなどに混ざってタカノハダイがかかる。料理上手な奥さんの幸江さんが、そんな獲りたての魚介を素材に腕をふるう。
ある日の「まこと」の夕食では、刺身盛合わせマダイヒラメだけでなく、タカノハダイが堂々と参加していた。脂分は少ないが、あっさりした味に好感が持てるマダイヒラメよりも歯ごたえがしっかりしている。匂いもなく、白身好きな方なら大満足するにちがいない。「生きているうちに血抜きをして、3枚におろしておきます。そうすればおいしいですよ」と幸江さん。タカノハダイは「生きているうち」が肝心なのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070425
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼「生きているうち」が料理のポイント

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本