見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・20日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から13日
    ┗「処暑」まで3日
    仏滅
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼珍しいクロカスベを漁獲



宮城県牡鹿町給分浜(きゅうぶんはま)で「ナベユウ」と呼ばれる真っ黒いエイが獲れ、その煮付けがうまいと耳にした。北海道でよく食べられるカスベは、茶褐色のガンギエイのはず。真っ黒とはガンギエイの仲間のクロカスベにちがいなく、これはまだ食べたことがない。食いしん坊はおっとり刀で牡鹿半島先端近くの町へ駆けつけた。
翌朝、給分浜の漁師・遊佐照勝さんの漁船に乗り込んだ。その漁法は水晶網といい、めったにない種類の小型定置網である。八角形の網の中に漁船を乗り入れて網を上げていくと、トビウオやブリの若魚に混ざって、大きな黒い魚が網の中で悠々と泳いでいた。「あれがナベユウだ!」と叫んだ遊佐さんがカギを打つ。全長60センチ。背側が真っ黒で腹側は白色。腹側に真一文字に結ばれた口があり、グフーッグフーッとバリトンで鳴くのがどこかユーモラスだ。これはたしかにガンギエイの仲間であるクロカスベである。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070410
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼珍しいクロカスベを漁獲

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本