見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼気取らない味だが、けっして凡庸ではない



「尾にトゲがあるので気を付けてください。刺されると素人では絶対に抜けない。医者に麻酔をかけて処理してもらうことになるよ」と遊佐さんの注意が飛ぶ。網上げが終わると、漁師の一人が船上でクロカスベのヒレ部分を包丁で切り取った。そのヒレだけを持ち帰り、遊佐さんの民宿「後山荘」で煮付けを作ってもらった。
背の黒い皮をむき、醤油味で煮付ける。臭み消しに根ショウガを使うこともあるそうだが、とりたてのクロカスベにはそれを必要としない。気取らない味ではあるが、けっして凡庸ではない。軽妙、洒脱、成熟、野趣、生気、この種の機微の入り組み方をほめたい。それになによりも、軟骨を噛み下すジョリジョリという歯ごたえと身の弾力性が小気味いいんだなあ。
給分浜のクロカスベは6月と7月によく網にかかる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070411
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼気取らない味だが、けっして凡庸ではない
  1. ◆「▼気取らない味だが、けっして凡庸ではない」の関連ワード


  2. スズキ

  3. ▼珍しいクロカスベを漁獲

  4. ▼北海道で好まれるのはメガネカスベ


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本