見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼船上はハタハタの精液でまっ白



秋田県沖のハタハタは、12月の、海が荒れて海水が上下に激しく混ざり合い、水温が12度以下になった頃に沿岸へ押し寄せてくる。海藻に卵を生みつけるためで、その昔はオスの精液で海の表面が真っ白になり、これをクキシロと呼んでいた。そんな話を老漁師に聞いたときはマユにツバを付けたものだ。ところが八森町(はちもりまち)(秋田県)の岩館漁港で定置網漁の水揚げを見学して、それがおおげさでないことを知った。ハタハタを大量に積んで帰港した船の上一面が、ハタハタの精液で真っ白になっているのを目撃したからである。
その岩館港では今なお木造船をハタハタ漁に用いている。船頭の指示にしたがい、両舷に8人が陣取って、沖の定置網まで勇ましく櫓を漕いでいく。機械船だとスクリューで網を破ってしまうこともあり、それで昔通りの手漕ぎ船を使っているのだという。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070284
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼船上はハタハタの精液でまっ白

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本