見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ワタリガニは水からゆでること



味のよいワタリガニはいろいろな料理で楽しめる。から揚げ、鍋、味噌汁、甲羅焼き、炊き込みご飯、酢の物、どれもおいしいけれど、やっぱりゆでガニが主役であろう。その作り方のコツを室津の漁師のおかみさんが伝授してくれた。「カニは必ず水からゆでることです。熱湯からゆでるとカニの足がもげてしまって、見た目がよくなく、食欲も減退しますよ」。これをタレなしで、そのままかぶりつくのが室津流ですとも教えてくれた。
もう一つ、室津の漁師のおかみさんたちのおすすめはカニずし。ゆでたカニの身をほぐし、甘酢に30分ほど漬ける。すし飯を冷ましてから、カニの身、ゆでてせん切りにしたニンジンとサヤインゲンとシイタケを混ぜ合わせる。椀に盛って、せん切りの青ジソの葉と錦糸玉子を散らすワタリガニの身がどっさりはいったカニずしは、産地ならではの贅沢である。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070229
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ワタリガニは水からゆでること

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本