見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・13日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から6日
    ┗「処暑」まで10日
    先負
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:1
    月名(旧歴日):新月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼サンマの丸干しは脂の抜けたサンマにかぎる



サンマは漁獲された海域によって味に差がある。北海道東沖や三陸沖で漁獲されたサンマがもっとも美味とされるのは、寒流の豊富なエサを食べて脂がたっぷりとのっているからだ。サンマは南下するほど脂肪分が抜けておいしくなくなるとされる。もっともサンマを取材していると、味の評価は産地の数ほど異論があるから興味が尽きない。「北海道東沖のサンマは脂がのっているから塩焼きには向くが、味がくどすぎて刺身に向かない。刺身は常磐沖のサンマにかぎる」。これはもちろん常磐(福島県)のサンマ漁師の声である。
伊豆半島や紀州沖のサンマはたしかに脂はのっていないけれど、けっしてまずいわけではない。刺身や焼き魚に向かないだけで、この土地のサンマ丸干しサンマずし(さえらずしの名が一般的)という傑作保存食は、脂の抜けたサンマでなければ上手に作れない。私は試みに三陸沖の脂がのったサンマ丸干しを作ったことがある。結果は腹は破れるわ、脂はまわってしまうわで、惨憺たる出来栄えであった。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070180
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼サンマの丸干しは脂の抜けたサンマにかぎる

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本