見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・14日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から7日
    ┗「処暑」まで9日
    仏滅
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:2
    月名(旧歴日):二日月/繊月(せんげつ)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼大社町のトビウオ流し刺し網漁



トビウオは船曳網、定置網、刺し網などで多く漁獲されるが、大社町(島根県)のトビウオ漁は流し刺し網漁による。1船に2~3人が乗り込み、漁場に到着すると幅3メートル弱、長さ2500~2600メートルの流し刺し網を立てながら上層に流していく。網を流し終えると、流し始めたポイントへ船をもどし、潮の流れでたたまれてしまった網を順次立て直していく。その作業を終えると、再び元の位置にもどって網を上げていく。
水揚げされたトビウオの多くは、大社町にある20数件のかまぼこ屋と地元の魚屋へ運ばれる。かまぼこ屋では名物の「アゴの野焼き」に姿を変える。竹の棒にトビウオのすり身を巻き付けて、じっくりと焼いたカマボコの一種で、もとは漁師が浜で焼いたことから、この名で呼ばれる。大社町のトビウオ流し刺し網漁は、5月1日から8月31日の間に行われる。見ているだけでも面白いので、一度足を運んでみるとよいだろう。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070131
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼大社町のトビウオ流し刺し網漁

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本