見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・14日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から7日
    ┗「処暑」まで9日
    仏滅
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:2
    月名(旧歴日):二日月/繊月(せんげつ)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼これは珍しい! アナゴの三平汁



給分浜のアナゴの食べ方は、まず生を開いて素焼きにして、これを甘醤油で煮る煮つけ。あるいはタレをぬりながら焼く漬け焼き。ここまではどうということはないが、「昔から鍋でも食べていたよ」と聞くとつい膝を乗り出したくなる。「生を開いて塩漬けにしておいて、野菜と一緒に煮る。塩蔵だから味付けは必要ない。これを三平汁と呼んでいて、このあたりの人の大好物だよ」。夏にとったアナゴを塩蔵して保存しておき、これを寒さの厳しい季節に取り出して鍋にしていたにちがいない。給分浜のアナゴ漁は6月から10月まで続き、盛夏が旬。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070077
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼これは珍しい! アナゴの三平汁

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本