見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼給分浜のアナゴ漁ではハモ筒を使う



アナゴは籠や底曳き網、釣りでも漁獲されるが、多くはアナゴ筒(どう)による。アナゴ水揚げ日本一に輝く給分浜(きゅうぶんはま)(宮城県牡鹿町)もこの漁法をとっている。もっともここではアナゴをハモと呼ぶから、アナゴ筒ではなくハモ筒になる。長さ1メートル、直径20センチ前後の塩化ビニール製のハモ筒にエサのイワシやイカを詰め込み、これをいくつもロープで結んで海底にはわせておく。夜になって活動を始めたアナゴが、エサにつられてハモ筒にはいると、もう二度と出られない仕掛けになっている。そう、ウナギを捕獲する梁簀(やなす)同様と思っていい。「午後3時に一斉に出して、ハモ筒を仕掛けてから数時間は沖で休憩して、暗くなってからハモ筒を上げていく。大きな船は1200本のハモ筒を仕掛けるな。大漁のときは一つの筒に2、3本のハモがはいるときもある」。これから出漁という漁師が、漁港でエサのイワシをハモ筒に詰め込みながら説明してくれた。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070076
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼給分浜のアナゴ漁ではハモ筒を使う

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本