見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼城下ガレイがうまいのは、海底に湧く真水に理由がある



「城下(しろした)ガレイ」のブランド名で知られる日出(ひじ)町(大分県)産のカレイはマコガレイである。しかし城下ガレイはほかのマコガレイにくらべるとやや様子が異なる点がある。ほかのマコガレイの旬が冬とされるのに、城下ガレイは田植えの時期、つまり5月から6月までが旬。城下ガレイは幅がいやに広く身が厚い。裏側はやや黄色みを帯びている。そして「その味は比べるものなし」といわれるほどうまい。
なぜ日出沖だけにそんなマコガレイが育つのか。日出町漁協の上野保二組合長はこう説明する。「城下ガレイは暘谷(ようこく)城のすぐ下の海で育つからこの名で呼ばれるようになった。私の推測するところ、うまい理由はそこの海底に湧く真水と海底の泥地にある。真水によって海水の温度がいつも一定に保たれ、それがマコガレイの生息に適温であること。また海底から真水が噴き出ることによって泥が混ざり合い、常に新鮮な酸素が供給されること。こんな特殊な自然条件が、うまい城下ガレイを育てると思うんだ」。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070041
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼城下ガレイがうまいのは、海底に湧く真水に理由がある
  1. ◆「▼城下ガレイがうまいのは、海底に湧く真水に理由がある」の関連ワード

  2. ▼早馬で運んで殿様に献上

  3. ▼城下ガレイは活魚でこそ価値がある

  4. ▼マコガレイとマガレイの見分け方

  5. マコガレイ


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本