見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ローズベルト【ろーずべると】


鈍感だったからこそ成功した!?



小児マヒで闘病生活を送ったり、世界恐慌や日米開戦という難題に取り組んだりと、苦労の多い人生を送ったように思えるフランクリンローズベルト大統領だが、意外にも彼は、いつも機嫌がよくて冷静だったという。なにしろ彼は、ホワイト・ハウスにいた間に眠れなかった夜は二晩しかなく、しかもその二晩は、邪魔が入ったために眠れなかったのだという。緊張や不安などの心理的原因で不眠となった夜は一度もなかったのだ。平穏な時代ならともかく、世界恐慌や戦争の最中に大統領という重職にあって、毎晩安眠できたというのだから、驚くほど鈍感で図太い神経の持ち主である。戦況が思わしくなかったときでさえ、楽天家の彼は、就寝前の日課だった切手コレクションの整理に熱中していたともいう。また、ある日、「気分がイライラしたとき、何をして気持ちを落ち着けますか」と質問されたとき、「口笛を吹く」と答えたらしい。「しかし口笛を聞いたことがありませんが」と再度問われると、「まだ吹いたことはないよ」と答えたという。要するにイライラしたことがないというわけだが、これほど楽天家だったからこそ、数々の危機を乗り切れたのかもしれない。しかし、その割には享年六三歳と短命であったから、実際は気を遣っていたのかもしれない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820969
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ローマ数字  ロケット基地  レンブラント  レントゲン  

   


  1. 雑学大全2>ヒトの不思議>人物    >    ローズベルト
  1. ◆「ローズベルト」の関連ワード

  2. ローマ数字

  3. ロケット基地

  4. レンブラント

  5. レントゲン


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2