見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 レントゲン【れんとげん】


大発見後、人間嫌いになってしまった物理学者



ドイツの物理学者ヴィルヘルム・レントゲンはX線の発見者で、X線の代名詞ともなる。一八九五年、同大学で陰極線ガラス管透過の実験中、九〇センチ離れたところにあった蛍光紙が光るのに気づいたのがきっかけで、蛍光紙を光らせている未知の放射線の存在と、その放射線が物質透過性にすぐれ、写真作用を持つことを突き止めて「X線」と命名した。一八九六年、論文に、夫人の手や木箱のなかの分銅などの透過写真を添えて発表すると、ドイツ皇帝ウィルヘルム二世から祝電と講演の依頼が届き、皇帝と皇后の前で講演。一九〇一年、この発見により第一回ノーベル物理学賞を受賞した。大発見をしてノーベル物理学賞の栄冠に輝いたレントゲンだが、彼は授賞式でスピーチもせず、さっさと帰国してしまった。ノーベル賞の授賞式でこんなそっけない態度をとったのは、彼ぐらいのものではなかろうか。また、X線の発見直後に様々な講演依頼や問い合わせの手紙が殺到したが、彼はウィルヘルム二世に依頼されての御前講演以外はほぼすべて断った。大勢の聴衆の前でおこなった講演となると、ビュルツブルグ大学での講演だけである。このただ一度の講演のとき、出席者からX線を「レントゲン線」と呼ぶ提案が出されたり、ヨーロッパ各地の通りの名前に「レントゲン通り」ができたりしたが、彼はそれも嫌がった。なぜか──。レントゲンは、X線発見後、人間嫌いになって自宅に引きこもり世捨て人のようになってしまったという。その原因は、彼の名声を妬んだ人々の中傷にあった。陰極線の実験のときには協力してくれた研究者が、「自分が先にX線を発見した」といい出すなど、中傷が重なるうち、すっかり人間嫌いになってしまったのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820967
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全2>ヒトの不思議>人物    >    レントゲン

A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2