見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:23
    月名(旧歴日):二十三夜待ち(にじゅうさんやまち)/真夜中の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 浜っ子【はまっこ】


「じゃん」を使うのは、横「浜」出身ではなく「浜」松出身!?



見知らぬ土地とつながる港町というのは、言葉だけでもエキゾチックだ。日本が鎖国を解いて開国したとき、一気に新しい欧米の文化が流入した横浜、神戸、函館などの港町に、人々はどんな思いを抱いたのだろうか。そんなエキゾティシズムは現在の港町にも色濃く残っている。洋風建築が並ぶ街の景観、外国人と行き交うことも日常で、日本と外国の文化が混在していることに違和感は覚えない。文明開化の風を最も強烈に、一気に受けた港町の人々の気質は、日本人にしては自由で進歩的、開放的といえるものに変わっていった。「江戸っ子は三代、横浜は三日住めばハマっ子」という言葉が生まれたのもそのためだ。さて、ヨコハマ生まれでヨコハマ育ちのハマっ子の見わけ方の一つに、語尾に「?じゃん」をつける口癖というのがある。ところがこれは、横浜特有のものではなく、駿東から三河地方にかけて使われる方言でもある。東京が首都になって、近隣に人口流入がはじまったとき、横浜に移住した静岡の人たちが使って定着した可能性はある。短期間に外国人を共同生活者として受け入れられた浜っ子は、方言だって快く受け入れたに違いないからだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820719
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:パラオ島  ばらん  バベルの塔  パブ  

   


◆関連最新まとめ


  1. 雑学大全2>そーだったんだ!>由来    >    浜っ子
  1. ◆「浜っ子」の関連ワード

  2. パラオ島

  3. ばらん

  4. バベルの塔

  5. パブ


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2