見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 南京豆【なんきんまめ】


「南京」豆なのに、原産は南アメリカ



最近はあまり「南京豆」という言い方はしなくなったかもしれないが、これは「落花生」のことである。「ピーナッツ」という言い方のほうがもっと親しまれているかもしれない。ほかには「地豆」などとも呼ばれている。さて、南京という名前がついているぐらいだから、南京豆の原産は中国の江蘇省南京であろう思ってしまうが、実は原産は南アメリカの中央部、アンデス山脈のボリビア、ブラジルアルゼンチンの三カ国の国境あたりの地域と考えられている。紀元前に南アメリカから中央アメリカの各地に伝播し、一六世紀にスペインからヨーロッパ方面に広がっていったと考えられている。また、奴隷の食料として奴隷船でギニアやセネガルへも伝わったという悲しい歴史もある。となると、まったく関係のない「南京」が名前についているのはなぜかという疑問だけが残る。理由は、原産地ではなくとも、中国で盛んに南京豆が栽培され、日本に輸入されていたからである。おそらく南京錠や南京虫、南京米のように、「中国経由で日本に来た豆」くらいの意味で名づけられてしまったのだろう。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820650
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ナンバー  ナンバリング  南極大陸  奈良のシカ  

   


  1. 雑学大全2>生活>食べ物    >    南京豆
  1. ◆「南京豆」の関連ワード

  2. ナンバー

  3. ナンバリング

  4. 南極大陸

  5. 奈良のシカ


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2