見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 中国地方【ちゅうごくちほう】


「中国」の由来は、畿内を中心に考えるとわかる



鳥取、島根、岡山、広島、山口の五県からなる中国地方。本州の西端に位置するこの五県が、なぜ「中国」地方と呼ばれるようになったのだろう。中国語でいう中国には、中央の国、中心の国という意味がもちろんある。だがもう一つ、「中央から中くらいの距離のところ」という意味がある。中央とはもちろん都で、都とその周辺の地域を「畿」と呼んだ。だから広い意味では畿も中央である。そして、諸国を中央からの距離によって近国、中国、遠国と分けたのだ。七世紀に中国から律令制度を輸入した日本は、この分類方法も実施した。中央は奈良、京都で、その周辺は畿内と呼ばれた。中国とされた範囲を旧国名であげれば、備中(岡山)、備後(広島)、伯耆(鳥取)、出雲(島根)、讃岐(香川)、阿波(徳島)、遠江・駿河・伊豆(静岡)、甲斐(山梨)、飛騨(岐阜)、信濃・諏訪(長野)、越前・能登(石川)、越中(富山)の諸国となる。なお、カッコ内に県名を入れたが、その範囲は旧国と一致していないので、概略をつかむためと考えられたい。さて、いまでいう中国地方の五県以外にも、静岡や新潟、長野、山梨、徳島や高知など、都から中くらいの距離とされた国々が「中国地方」だったわけである。これが、都を中心に同心円を描いた分け方であるが、古代にはもう一つの地域区分法があった。それが「五畿七道」と呼ばれるもので、大和、山城、河内、摂津、和泉の五畿と、街道に沿ってほぼ放射状に、東とう海かい道どう、東とう山さん道どう、北ほく陸りく道どう、山さん陰いん道どう、山さん陽よう道どう、南なん海かい道どう、西さい海かい道どうの七道にするという区分法である。この区分によれば、現在の中国地方山陽道山陰道にすっぽり含まれる。五畿七道は、人々の生活に密着する街道に基づいた区分だけに、以後長く親しまれる区分法となった。古代の呼称である中国、人々に親しまれてきた地域区分、そして廃藩置県生まれた五つの県。これらの歴史を背景として、中国地方と呼ぶようになったのではないかと見られている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820555
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:注射針  中禅寺湖  ちゃんぽん  ちゃんこ鍋  

   


  1. 雑学大全2>地理>場所    >    中国地方
  1. ◆「中国地方」の関連ワード

  2. 注射針

  3. 中禅寺湖

  4. ちゃんぽん

  5. ちゃんこ鍋


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2